レーザー脱毛 VS 光脱毛

レーザー脱毛 VS 光脱毛

レーザー脱毛の特徴

体に生えているムダ毛は気になるもので、脱毛処理をする人は多くいます。剃刀や除毛クリームなどで自分で処理する人もいますが、肌に負担をかけることなくきれいに処理をするなら専門機関で行った方がいいでしょう。

脱毛を行ってもらうには、脱毛サロンか医療機関になりますが、永久脱毛を望むなら医療機関で医療レーザー脱毛を受けたほうがいいでしょう。医療レーザーは、黒色に反応して、皮下の毛の色や黒いメラニン色素に熱を加え、組織を破壊します。レーザーを照射することで皮下の毛に熱が吸収され、毛を生やす毛球部の毛母細胞を破壊します。これによって、毛の再生が遅くなったり、再生できなくなります。

医療レーザーの効果を高めるためには、毛周期の中で、黒色のメラニン色素がある成長期に脱毛することが大事です。毛周期は毛根ごとによって違い、それぞれの毛周期に合わせて数回施術を行います。毛の量や質によって違いますが、一般的に1か月半~2か月おきに5~8回の施術を行うのが理想です。

光脱毛の特徴

多くの脱毛サロンにおいて、脱毛の主流ともなりつつあるのが光脱毛です。この光脱毛の特徴は、毛の再生力を弱らせることができるというものです。

ふつう、毛には毛周期と呼ばれるものがあります。毛が成長していく成長期と、抜け落ちていく退行期、そして発毛を休止している休止期です。一般に、脱毛サロンで行なわれている光脱毛は、これら三つの期間のうち、成長期にある家の毛根に光を当てることになります。また光脱毛の際に用いられる光は広域の波長であるため、いろいろな毛に反応することができます。

上述したように、毛の再生力を弱める不再生脱毛であるという特徴を持っているため、レーザー脱毛のように永久脱毛ではありません。しかし、痛みが少ないことに加えて、照射する光の作用で毛穴の引き締まりを実現できるというメリットもあります。もちろん、値段的にも少し安いという特徴がありますから、脱毛部位などを考慮しつつ、賢く選んでみることができるでしょう。

このページの先頭へ