常識化しつつあるVIO脱毛

常識化しつつあるVIO脱毛

VIO脱毛する人が増えている

VIO脱毛とはそもそも性器や肛門、ビキニラインといったデリケートゾーンに生えるムダ毛を完全に払拭してしまう施術のこと。もともとはヨーロッパを中心に広く浸透している文化でもあり、最近では世界的な人気を誇るカリスマモデルや女優、ミュージシャンなどが究極の美を求めてVIO脱毛を行っている例も多く、彼女たちに憧れる女子たちの間でも次第にそういった究極の美へのアプローチが浸透して行っていると言えるでしょう。

最近ではエステやクリニックなどでもVIO脱毛を手軽に利用できるようになっており、そのサービス体制もまた女子たちに受け入れられる土壌を作っているのです。もちろん、その効果的な部分にも高いメリットを感じる人が多いのも事実。プールやビーチで水着姿になる機会があったり、好きな異性の前で隅々まで綺麗にケアした自分を見てほしいと言った美の観点から実施する人がいれば、一方では生理的な側面からデリケートゾーン特有の嫌な臭いやしつこいかゆみを解消するためにVIO脱毛を実施している人もいます。

このように女子たちは様々な理由を抱えてVIO脱毛という選択肢を選び取っているのです。

エステティシャンは見慣れているし、仕事なので何とも思わない

近年では多くの方達がアンダーヘアーであるデリケートゾーンのムダ毛をサロンで脱毛している程で、脱毛をしたい箇所の人気の部分です。VIO脱毛のデリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいと思っている方は多いですが、経験豊富なエステシャンの方達はVIO脱毛の時にはプロの方達なので、特に意識をする事もなく施術をしてもらう事が出来ます。エステシャンの方達は見慣れている光景なので、脱毛を受ける方はVIO脱毛を恥ずかしいと思う事はありません。

サロンでのVIO脱毛は、プライバシーを配慮した個室で受ける事ができるのと、実績を積んだエステシャンの方に施術を受ける事ができるため、肌への負担をかける事もなくムダ毛の処理を効果的に行う事が出来ます。VIO脱毛を行う時には、脱毛を受ける方の配慮もしてもらえるため、恥ずかしいなどの事もなく受ける事が出来ます。人気のある脱毛の箇所として、多くの方達が脱毛をしているデリケートゾーンのムダ毛の脱毛でスッキリと効果のある脱毛が出来ます。

脱毛した女子のホンネは、恥ずかしさも慣れる

VIO脱毛を行う部位は、通常誰かに見せるという事はない為、どうしても施術を受けるとなると恥ずかしさを感じてしまう人もいます。しかし施術を行う側はそういった事を全く感じさせない様に対応してくれる事、さらに全ての部分をさらけ出してしまうのではなく、施術を受ける範囲のみ下着をずらして施術を行います。そのため、下半身裸の状態で行うという訳ではない為、徐々に恥ずかしさと言うのも感じにくくなって行きます。

恥ずかしさを感じる理由の一つが、その人自身がそういった環境に慣れていないという事です。今迄見せた事が無い、見られた事が無いという人にとってはどうしても恥ずかしくて仕方がないという事になってしまいますが、VIO脱毛は1回の施術で終わるわけではなく、何度も施術を受ける事になります。また回を重ねるごとに目標としていたアンダーヘアの状態に近づいていく為、恥ずかしいという気持ちが徐々に消え、次第に慣れて行く人もいます。

剛毛だけど脱毛できる?

脱毛サロンではフラッシュを使って施術を行います。フラッシュは黒いメラニン色素に反応するので、太くて濃い毛がたくさん生えている方がよく反応します。剛毛の人でもたくさん通っているため、恥ずかしさはそれほど感じる必要はありません。

施術では肌の露出ができるだけ少ないように紙パンツなどを履きます。施術をする人はプロのエステティシャンです。研修をしっかりと受けており、多くのお客を対応しています。接客を含めて教育されているので、アンダーヘアが剛毛であることを恥ずかしいと感じさせないように言動には注意しています。

デリケートな部位なので他の部位と比べると痛みがあります。脱毛サロンではフラッシュを当てる前に保湿ジェルを塗って、痛みを軽減しています。最近ではほとんど痛くなく、美肌効果が期待できる方法も増えているので、カウンセリングの時に使う脱毛機器や効果を尋ねると良いです。

濃ければ濃いほど痛みは強い

アンダーヘアは腕やすねに比べると毛が太く、縮れている人もいます。光脱毛は専用の光を利用して脱毛を行いますが、その場合、しっかりと肌を冷やして行う為それ程痛みを感じる事は有りません。また光の出力は調節する事が出来る為、痛みに弱い人はその旨を伝えれば弱めた状態での施術も可能です。

ただアンダーヘアが生えている部位によっては肌がとても薄くてデリケートです。その為、腕やすね等の肌を露出しやすい箇所に比べるとどうしても痛みを感じてしまいがちです。しかしその場合も我慢できない様な物ではなく、輪ゴムをはじいた様な感じの痛みを感じるだけで済む事も多くなっています。

また、アンダーヘアの光脱毛をする場合の痛みのか感じ方には個人差があります。さらに同じ人でも体調によって強く痛みを感じたり感じなかったりという事も有る為、施術を受けるタイミングでも違いが出ます。出来るだけ痛みを感じたくない場合は、睡眠不足や生理前を避けて体に疲労や負担が蓄積されていない時に施術を受けると傷みを感じにくくなります。

このページの先頭へ