脱毛サロンを解約する場合

脱毛サロンを解約する場合

条件を満たせば契約後でもクーリングオフできる

クーリングオフはいったん購入した商品や、契約したサービスを消費者が自由に解約・返品できる制度です。もちろん脱毛サロンの契約についてもこの制度が適用されます。

脱毛サロンで契約をしたものの、後になって「やっぱりやめよう」と気が変わった場合、契約した日から8日以内に書面でクーリングオフの意志を伝えることで自動的に解約することができます。

クーリングオフは消費者の権利ですので、違約金などの支払いは必要ありません。ただし8日を過ぎてしまうと通常の解約扱いになり違約金が発生するほか、8日以内であっても1度施術を受けてしまうと、クーリングオフの対象にはならないので注意が必要です。

クーリングオフの意志は必ずハガキか書面など形の残るものを簡易書留で送ります。投函日が8日以内であれば有効ですが、メールや電話での連絡は不可ですので気をつけてください。また脱毛の契約をクレジットカード決済で行った場合は、カード会社に対しても連絡を入れる必要があります。

中途解約の条件はサロンによって異なる

脱毛サロンの中途解約をする場合は、その時までに行った施術の費用と、違約金を払います。その金額はサロンの設定によっても違いますが、大体違約金は全体に必要となる料金から脱毛料金を引いた金額の10%程度となります。ただ、違約金の上限は2万円までと法律で定められている為、計算上はもっと高額になったとしても2万円までの支払いと言う事になります。

また全く施術を受けていない場合も、脱毛サロンによって違いますが上限の2万円が請求される事もあります。ただ、中途解約の条件としては、契約しているプランの費用が5万円以上の場合や、契約してから1か月以上が経過している時等が対象となる為、格安プランの場合はこの条件が適用されません。

また、契約してからすぐに解約と言う場合は、契約した日を入れて8日以内の時は中途解約ではなくクーリングオフが適用されます。この場合は違約金等を払う必要はなく、その時点で支払ったお金が全て戻ってくる仕組みです。

このページの先頭へ